リレンザってどーなの?

インフルエンザの治療薬=吸入器の使用、そういった認識をされている方も多いと思います。そしてリレンザがその吸入器を使って服用するお薬なのですが、他のインフルエンザ薬とどういった利点があるのでしょう。

キャッツクローをインフル予防グッズにする事

日本では冬にインフルエンザが非常に流行します。
それは空気が非常に乾燥するためにウィルスが増殖しやすくなるからです。
また人の体温も外気の寒さに伴って低くなり、免疫力や抵抗力が低下してしまいます。
そのため冬の11月から2月にかけて日本ではインフルエンザの大流行をみる事ができます。
インフルエンザに感染してしまうと高熱が出るのが特徴的です。
40度以上の高熱に見舞われるために、体の関節が非常に痛くなるのが特徴です。
その痛みが激しいためにじっとして寝ていることも困難です。
インフルエンザは一般的な風邪とは異なり、インフルエンザウイルスに特化した薬でウイルスの増殖を食い止めて治療するしか方法がありません。
インフルエンザの特効薬としてリレンザやタミフルなどが頻繁に用いられます。
しかしこれらの治療薬はインフルエンザの増殖を抑制するものの、抜本的に関節痛を緩和するものではありません。
そのためキャッツクローというサプリメントを予防グッズや対策グッズとして用いるのも良いでしょう。
キャッツクロー は抗炎症効果が期待できるサプリメントとして有名です。
南米ペルーに生息する樹木などから作られており、自然派のサプリメントであるためにインフルエンザの治療中にも用いることができます。
インフルエンザの治療薬であるリレンザやタミフルと一緒に服用しても健康被害などは報告されていません。
中でもリレンザは吸入薬なのでキャッツクロー サプリメントと作用しあうこともなく安全性が高く飲むことができます。
キャッツクローは抗炎症効果のほか、血栓を作らないで心筋梗塞や脳梗塞を抑制する効果もあるので、その予防グッズとして中高年は習慣化して飲むと良いサプリメントであるとも言えるでしょう。
日ごろからキャッツクローを病気の予防グッズとして飲むことで、インフルエンザに感染した時でも激しい関節痛に悩まされることはありません。