リレンザってどーなの?

インフルエンザの治療薬=吸入器の使用、そういった認識をされている方も多いと思います。そしてリレンザがその吸入器を使って服用するお薬なのですが、他のインフルエンザ薬とどういった利点があるのでしょう。

丸山クリニックでも処方のリレンザを子供が使う場合

リレンザは、吸入するタイプの抗インフルエンザ治療薬になります。粉状の薬が、吸入することで気道に直接働きかけるようになっています。これはインフルエンザウイルスが鼻や口から入り気道で増殖するため、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する作用があるリレンザを吸入することはより効果が得やすくなります。味は苦味が無くほんのりとした甘さが感じられる薬ですから、子供も吸入しやすくなっています。

丸山クリニックにおいても子供にリレンザの処方が行われていますが、吸入するとき慣れるまでは大人がサポートして、しっかり薬を吸えるようにするべきです。一度にすべて吸えなかった場合、2から3回に分けて吸っても効果に違いはないので、吸い残さないようにだけ注意が必要です。吸入器を水平に保たないと上手く入っていかないので、子供が吸うときに傾きが無いか見てあげます。

丸山クリニックでも使用方法や効果については説明が行われますが、熱が下がったから治ったと勘違いして勝手に使用をやめることは良くありません。熱が下がっても、体内にインフルエンザウイルスが残ったままのことも多いからです。治療を続けていると稀に副作用が出る人もいます。丸山クリニックにて処方を受ける際、薬による副作用をこれまで経験したことがある場合には前もって伝えておくべきです。リレンザを使っていて、吐き気や嘔吐さらには下痢などの症状がある場合、インフルエンザウイルスによるものか副作用か医師に診てもらったほうが良いです。動悸やじんましん、呼吸がしにくい状態も同様です。

リレンザは、治療だけでなく予防としても用いることができます。用法や用量が治療と予防では違ってくるので、自己判断せずに医師の指示を受けて使うようにします。