リレンザってどーなの?

インフルエンザの治療薬=吸入器の使用、そういった認識をされている方も多いと思います。そしてリレンザがその吸入器を使って服用するお薬なのですが、他のインフルエンザ薬とどういった利点があるのでしょう。

東京都電機健康保険組合で補助適用の肺炎防ぐリレンザ

インフルエンザの予防接種は、そのシーズンに流行する可能性が高い細菌への感染を防ぐ為の効果的な手段です。しかし、インフルエンザは毎年異なる新型が流行する可能性も高く、感染症を防ぐ為には流行シーズン前のタイミングにあわせ、適切な種類の予防接種を受けなければなりません。東京都電機健康保険組合でも、この予防接種を推奨しており、予防接種を受ける際には補助を受けることができます。
このワクチンの接種は東京都電機健康保険組合では、通常一年に一度の摂取と規定されているので、東京都電機健康保険組合の補助を用いてのインフルエンザ予防には限界があります。そのため、リレンザなどを用いてインフルエンザを予防することも効果的な手段とされます。
リレンザはタブレットタイプの薬とはことなり、気道に薬剤を塗布する吸入するタイプの薬です。リレンザの特徴としては、肺炎などに重症化しやすいインフルエンザの感染を弱める事ができます。これは一定の時間内にリレンザを用いる事が必要とされますが、肺炎などの重篤な症状を回避する事も可能なために、重症化を防ぐ有効な手段です。とりわけ、インフルエンザの場合は、同じ環境に長くいる事で感染が拡大する可能性があります。そのため、インフルエンザに二次的に感染する事を防ぐ為にも、自宅で使用したり、職場や教育機関などで積極的に活用することが求められるものです。
とりわけ、インフルエンザは抵抗力の低いお子様や高齢者、持病のある方などは重症化しやすい傾向があり、肺炎などに進行してしまう可能性が高くなることが知られています。そのため、インフルエンザが重症化しやすい方への感染を防ぐためにも、家庭や教育機関などで予防薬として利用する事が大切です。