リレンザってどーなの?

インフルエンザの治療薬=吸入器の使用、そういった認識をされている方も多いと思います。そしてリレンザがその吸入器を使って服用するお薬なのですが、他のインフルエンザ薬とどういった利点があるのでしょう。

迅速診断キットでインフルが診断できる時期

秋から冬にかけて毎年インフルエンザが流行することが多い時期です。会社や学校など人が密集していて接触機会が多いとインフルエンザに罹患する可能性があります。インフルエンザはウイルス感染で38度以上の高熱や筋肉痛・関節痛などの全身症状を伴います。感染しやすいので急な高熱や全身症状が現れた時には迅速な診断が必要となります。しかしながら、迅速診断キットを使用しインフルエンザの診断がつけられる適切な時期というものがあります。まず、迅速診断キットは鼻腔や咽頭の粘液をぬぐいその粘液内のウイルスの反応を調べる検査です。そのため、発症間もないと体内でのウイルス量が少なく陰性となってしまうことがあります。発症して間もなく検査して陰性であったのにその後の再検査で陽性と診断されるということもあります。迅速診断キットでインフルエンザの判定がつきやすい時期は発症してから12時間後から24時間後です。
インフルエンザと診断されたら抗インフルエンザウイルス薬が処方され安静の支持が医師から出されます。一般的には抗インフルエンザウイルスの薬は発症から48時間以内に内服を開始しなければ効果が期待できないとされています。抗インフルエンザ治療薬としてよく処方されるタミフルと並んで処方機会が多くなったのがリレンザです。タミフル耐性菌や異常行動が問題視されるようになったためリレンザが処方される機会が増えました。リレンザは吸入することでインフルエンザウイルスが増殖する気道に薬の成分を作用させウイルスの増殖を抑えます。そのため、ウイルス量がピークに達する48時間以内に服薬することがよいとされています。インフルエンザが診断されるまでに12時間から24時間経過していることを考えるとリレンザは処方されたらすぐに服薬することが好ましいです。