リレンザってどーなの?

インフルエンザの治療薬=吸入器の使用、そういった認識をされている方も多いと思います。そしてリレンザがその吸入器を使って服用するお薬なのですが、他のインフルエンザ薬とどういった利点があるのでしょう。

香港A型の時、リレンザは何日目から使用?

インフルエンザウイルスの中でも特に症状が重篤化しやすく感染力が強いといわれているのが香港A型です。過去に香港A型に罹患していたり、予防接種を受けていたとしてもインフルエンザウイルスというのは常に変化を遂げているものなので、感染するリスクが生じます。
そのため香港A型に罹患した場合は速やかに医療機関を受診して、リレンザのようなインフルエンザ治療薬の服用をスタートさせるのが大切です。
香港A型を発症後何日目にリレンザを服用すれば良いのかと言うと、感染後48時間以内がベストといわれています。これはインフルエンザウイルスが体の中で増殖のピークを迎えるまでにリレンザを服用する事で、インフルエンザウイルスの活動を抑制させる効果が期待できるからです。
そのため発熱や倦怠感などを感じたときはすぐに医療機関を受診するのがおすすめです。そうすれば感染後48時間以内にリレンザを服用することが可能でしょう。
そして処方してもらってから何日目までリレンザを服用するのかという点も気になるところですが、これは医師に処方してもらった分を全て飲みきることが重要です。仮に二日目や三日目で熱が下がったとしても、身体の中ではインフルエンザウイルスが残っていて、リレンザを服用しないとぶり返してしまうことが予想されます。
そのため何日目までリレンザを服用するのかという考え方ではなく、処方された分は全て使い切るという考え方をしておくとぶり返しなどの恐れも無くなり、家族や不特定多数の人に感染させるというリスクを低下させることも出来るでしょう。
そうすれば香港A型をしっかりと完治させて、感染リスクを抑えながら日常生活に復帰する事が出来るでしょう。